鴻巣・北本地域障がい者基幹相談支援センター

研修報告

令和3年度 市福祉課職員&相談支援部会合同研修

当センターが開所してから初めての市福祉課職員向け研修を相談支援部会と合同で行ないました。当初は対面でグループワークなども行なう予定でしたが、コロナ感染症のまん延防止等重点措置期間となったため、zoomを利用したweb研修に変更し開催しました。市福祉課職員の方々の関心が高く、相談支援部会と合わせて26名の参加がありました。相談を受ける際に気を付けるポイントや他機関との連携の取り方などを学び、改めて相談を受ける時の自身の態度や姿勢を振り返る機会になったのではないかと思います。

テーマ:「相談を受ける力について」
講 師: 埼玉県済生会鴻巣医療福祉センター
     地域支援事業本部長  関口 暁雄 様
日 時: 令和4年2月7日(月) 13:30~16:00
会 場: web研修


~アンケートより抜粋~
相談の場面で相談者と向き合う時、適切なアドバイスをするとか、相手の考えを変えるように水を向けるとか戦略的になりがちですが、一番重要なことは、まずは相手の話をしっかりと聞き、話を聞いてもらって良かったと思ってもらえることだと改めて理解出来ました。  この人に話をしてよかったと思ってもらえることで相手との信頼関係を築くことができるのだと思います。講師からの問いかけ、「相手がどう理解するのだろう?相手がどう理解しているのかを知ろうとする姿勢を忘れがちでは?」の文脈が心に強く残りました。有難うございました。

貴重な研修の時間を作っていただきありがとうございました。特に「結論を急がない」という点が心に刺さりました。また、行政としては今回のような研修を初めて受ける職員も多く、大きな刺激と学びになったと思います。今後もこう言った研修や情報の共有を通して歩み寄っていきたいと感じました。

・ワークがよかったです。自分を振り返る機会は大切ですね。「そうだった、そうだった…」と、無いモノにばかり目を向けていた自分に気づけました。知識や技術ではなく、自分の価値観を掘り下げ、確認し、それが相談援助に直結していることを学ぶことが出来ました。また、ネットワークの大切さ!これからも敬意を払って関わっていきたいです。

ケース対応などで話を伺うことがあっても、なかなか心を開いてもらえずに話を聞き出すことに苦慮していたので、回数を重ねることが大事という話をきいてとても納得できました。なかなか時間を取ることが難しいのが現実ですが、当事者の心に寄り添って丁寧な対応を心がけたいと思います。

日々相談を受ける中で、話す言葉に気を取られてしまい、何か答えを出さないとという焦りがありましたが「余白」も大切であり、相手が何に困っているのか、何を伝えたいかに焦点をあてることが大切であることを学べたことが大きかったです。心に少し余裕がもてました。


〇事務局より
コロナ禍でzoom会議や研修が増えてきました。まだまだ、不慣れで技術が追い付かないところもありますが、今後はzoomでもグループワークができるように技術を磨いていきたいと思っています。3月には今回と同様の内容で、市福祉職員研修と精神障がい者支援部会の合同研修を企画しています。ともに学び合いたいと考えています。
資料より抜粋(画像をクリックすると拡大できます)

令和2年度 自立支援協議会 権利擁護研修

令和2年度 自立支援協議会 権利擁護研修を下記の内容で開催しました。
今回は法テラス埼玉事務所の弁護士の方3名に事例を交えた講演をお願いしました。
法律専門家にお願いできるとあって、事務局から障がい者の権利擁護、虐待防止、差別解消の3つのテーマをご依頼したため、大変盛り沢山な内容となりました。
それぞれの法律の解説や身近な事例を通しての対処法などをわかりやすくお話していただきました。
また、法テラスのトリセツもご説明いただいたので、今後皆様からも法テラスにご相談しやすくなったのではないかと思います。


テーマ:「障がい者の権利擁護・虐待防止・差別解消に関する研修会」
講 師: 法テラス埼玉事務所 常勤弁護士
        馬場 真由子 様
        水島 俊彦  様
        米山 佳宏  様
日 時: 令和2年12月21日(月) 午後2時から4時
会 場: 鴻巣市市民活動センター AB会議室


~アンケートより抜粋~
・虐待について参考になりました(法的な部分)。ひとりひとりの認識が大切。
・障害者虐待について、改めて基本的な知識を復習できたように思います。支援者として、利用者の権利擁護を守ることを第一に考えることが大事だな、と実感しました。
・野球観戦の左右の比較で合理的配慮を説明しているのはとても解り易いと思いました。
・意思決定支援について今まであまり聴いたことがなかったので勉強になった。
・意思決定支援のプログラムの話をお聞きし、関わっている利用者へのアプローチに役立てそうな気がしました。
・自分の支援が「よかれと思って」支援になってないか、あらためて、いつも振り返ることが必要だと感じました。
・今後の支援の中で法律の専門家と連携していく可能性もあると感じました。情報を知ることができよかったです。

〇事務局より
コロナ禍におきましてお忙しい中、ご参加いただいた皆様ありがとうございました。
アンケートのご協力もありがとうございました。
今回は感染症対策を行ないながらの実地開催としましたが、zoomやオンライン開催のご希望もうかがっております。今後検討していきたいと思います。
なお、出席されなかった方で当日の資料をご希望の方は、鴻巣・北本地域障がい者基幹相談支援センターまでご一報ください。
先生方にはフェイスシールドをつけていただきました。
通常140名、現在は70名定員の会場をお借りして40名で広々使用しました。

令和2年度 自立支援協議会 全体研修会

令和2年度 自立支援協議会 全体研修会を下記の内容で開催しました。
今年度は「地域生活支援事業」をテーマに、埼玉県で先駆的に取り組まれている社会福祉法人彩凛会 理事長 星座様にご講義いただきました。
枠にとらわれず、地域のさまざまな相談に対応されている星座様のパワフルさには圧倒されました。
当地域で取り入れられることは何かを探りながら、今後の地域生活支援事業の整備に生かしていきたいと考えています。

テーマ: 「地域で共に暮らすこと
       ~吉川市における地域生活拠点の取り組みについて~」
講 師: 社会福祉法人彩凛会 理事長 星座 正俊 様
日 時: 令和2年9月23日(水) 午後2時から4時
会 場: 北本市文化センター 3階 第3会議室

~アンケートより抜粋~
・エネルギッシュで創造的。支援のツボに的中する星座さんのセンスと経験。とっても元気をいただきました。ありがとうございました!
・とにかく実践を積み重ねてそこから次のステップに進んでいくということに大変感心した。「地域生活支援拠点」に対して市からの支援を可能な限りおねがいしたい。
・地域生活拠点には以前から興味がありました。鴻巣市も是非吉川市に学んで研修だけでは終わらせず拠点になるものを作ってほしいと思います。
・この地域での生活拠点のあり方についてみんなで話し合ってみたいです。


〇事務局より
お忙しい中、ご参加いただいた皆様ありがとうございました。
アンケートのご協力もありがとうございました。
今年度は三密を避けるため、定員30名とさせていただきました。
せっかくご応募いただきましたが、お断りさせていただいた方には改めてお詫びを申し上げます。
なお、出席されなかった方で当日の資料をご希望の方は、鴻巣・北本地域障がい者基幹相談支援センターまでご一報ください。

お問い合わせ

About

Mobile QR Code

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
鴻巣・北本地域障がい者基幹相談支援センター

〇鴻巣事務所
〒365-0038
埼玉県鴻巣市本町1-1-3 
エルミ2 4階 
生活支援センター夢の実 内
TEL 048-501-2444  
FAX 048-501-2463

〇北本事務所
〒364-0013
埼玉県北本市中丸9-259 
地域共生プラザびおもす 3階
TEL 048-577-5947  
FAX 048-577-5948

E-mail(共通)
kk.kikan-soudan@kce.biglobe.ne.jp

PAGE TOP